女性活躍推進 ビジネススキルコース

問題を解決するための実務スキルを身につけます

女性社員が組織で活躍し続けるためには、常にスキルを磨いておくことは不可欠です。女性社員が陥りがちな問題を解決するための実務スキルを身につけます。

A:論理コース

論理的なコミュニケーションや問題解決力

B:感情コース

感情のコントロール(アンガーマネジメント)とアサーション

Point
1

Aコース:論理力を磨いて仕事力アップ

女性が苦手意識を持っている論理的なコミュニケーションや問題解決力-「上司への報告が結論がなく時系列で長い」「事実ではなく自分の感情を含めて話す」「問題の一部分に着目しすぎる」など、女性にありがちな現象を解決し仕事力をアップさせます。

Point
2

Bコース:相手を動かすコミュニケーションの達人

女性は男性よりもコミュニケーションが得意と言われていますが、感情をコントロールすることでさらにレベルアップさせます。相手(上司や同僚、後輩や部下、お客さま)を動かすことのできるコミュニケーションスキルを磨きます。

Point
3

職場ですぐ使えるスキルを習得する

論理力、感情力ともに学んだ知識を研修中に実践してみることにより、「わかる」を「できる」にしていきます。職場に戻ってすぐに使える基本フレームワークとスキルを身につけます。

その他、チームビルディング、ロジカルプレゼンテーション、財務や数字など、ご用意がございます。

カリキュラム

Curriculum

  • カリキュラム例1

    オリエンテーション
    • 女性にありがちな仕事の進め方

    • 男女脳の違い

    • 仕事に活用する基本フレームワーク
      効率性、正確性

    仕事で使える論理的なコミュニケーション
    • 基本フレームワーク[1]

      • ピラミッド話術で報・連・相

      • 三角ロジックの活用

    • ワーク

      • 報告の仕方

      • メールへの応用

      • 主張

    判断力
    • ケーススタディ

    • 同じ前提でも判断基準が違うと結論が違ってくる

    思考力
    • 基本フレームワーク[2]

      • ロジカルツリー

    • ワーク

      • 情報の整理

      • 問題と解決策の検討

    アクションプランの作成
    • 職場での活用

    • 相互アドバイス

    総研修時間

    1日間

    受講人数

    20人

  • カリキュラム例2

    オリエンテーション
    • コミュニケーションとは

    • コミュニケーション上手な女性

    • 男女脳の違い

    アサーション
    • 言い方ひとつで受け止め方が変わる

    • 4つのコミュニケーションパターン

      • 攻撃的

      • 作為的

      • 受動的

      • アサーティブ

    • ケーススタディ

      • 事前にケースを設定

      • 自分がうまくいかなかったケースを検討

      • 3人1組

    • 振返り

    • どうしたら相手に伝わるか、相手が動いてくれるか

    感情のコントロール~怒りと向き合う~
    • アンガーマネジメントの考え方

    • 怒りとは何か?怒りの性質、程度、怒りの連鎖、イライラの原因、イライラを起こす相手

    • 怒りの対処術

    アクションプラン作成
    • 職場での活用

    • 相互アドバイス

    総研修時間

    1日間

    受講人数

    20人

お申し込み・お問い合わせ・資料請求

研修効果をさらに高めるには

Jプレゼンスアカデミーは、研修効果をさらに高めることができるeラーニングシステムをご用意しています。eラーニングシステムでは一般的なオンライン学習の他、各種テストやQ&A/SNS機能などの機能を備えており、継続的な学習を支援します。また、進捗/成績管理やアンケート/レポート機能などの運用をサポートする機能も充実しています。

対面研修×eラーニングシステム

おすすめの研修

Recommend