人事BPO

戦略人事を加速させる
『人事BPO』サービス

人事部門に求められる役割は、ますます多様化・高度化しています。労務管理や給与計算、人事制度の設計運用といった従来のオペレーション業務はもとより、ビジネス環境の急速な変化に対応する人材ポートフォリオの最適化と人材育成、エンゲージメントの強化など、複雑なミッションを担いながら、経営戦略と連動した人事戦略を支援する“戦略人事”が求められています。パソナHRソリューションは、“戦略人事”の実現に向けて、人事業務のスペシャリストが各種クラウドツールを有効に組み合わせて、人事バックオフィスを支える『人事BPO(※)』をご提供いたします。

(※)※人事BPOとは・・・人事 BusinessProcessOutsourcing の略称で、人事領域における給与計算アウトソーシング、福利厚生アウトソーシング、勤怠管理アウトソーシングといった業務の全体または一部を代行するアウトソーシングサービスです。

人事BPOサービスの特長

1

人事業務の効率化、標準化、コア業務へのシフト、リスク軽減を実現

給与計算アウトソーシング(HRO:Human Resource Outsourcing)により人事業務を効率化・標準化することで、本来取り組むべきコア業務、付加価値のある業務へのシフトを実現します。また属人化・ブラックボックス化していた業務がアウトソースにより標準化されることでリスク軽減を実現できます。

2

コスト・システムコスト削減

定型業務等のアウトソーシング(BPO:Busuiness Process Outsourcing)によりその分の人件費が削減でき、人材不足の解消にもつながります。システム保守運用費など従来のシステムコストをアウトソースで見直すことでシステムコストの削減にもつながります。

3

人事労務の管理コスト削減も同時に

給与計算アウトソーシングにより人事労務業務を見直すことでペーパレス化を図る等(WEB明細やWEB年末調整等)、管理コストの削減も同時に実現可能です。

サービス

Service

導入スケジュール

最短約4カ月間で導入可能!

 

導入実績企業

【サービス導入事例】株式会社日本取引所グループ様

給与計算アウトソーシングサービスご紹介動画

連携実績システムとパートナー企業

 

パソナHRソリューションの人事BPO(給与計算アウトソーシング)サービス導入に際しては、ProActive C4、SmartHR(スマートHR)、オフィスステーション、奉行クラウド、奉行クラウドEdge、マネーフォワード クラウド給与、マネーフォワード クラウド勤怠、KING OF TIME、ジンジャー(jinjer)|など様々なクラウドシステムとの連携実績があります。また、社会保険労務士事務所ともパートナー契約を結び特定のプロダクトに依存せずに貴社の環境に最適なソリューションでのご提案、ご提供が可能です。当社は、「OBC 奉行 Award 2022ー2023」においてNew Value Awardを受賞しています。

お問い合わせ

お電話受付時間:9:00~17:30