マインドセット研修

新入社員のマインドセットの確立

新入社員は入社後の新入社員研修において、これからの仕事に必要なさまざまな知識やスキルを身に付けていきますが、その知識やスキルが職場に配属されたのち、実際の行動につながらずに悩まれる人事・教育ご担当者の方もいらっしゃると思います。

本研修では、そのような人事・教育ご担当者の悩みにお応えすべく、仕事に臨む姿勢、考え方、意識、また仕事への価値観などに働きかけ、マインドセットを確立していきます。仕事を通して自分が実現したいことを実現するために必要なものは何か、そこに焦点を当てて学生と社会人の違いからスタートし、マインドセットを確立させていきます。

マインドセット研修の特長

1

学生と社会人の違いを理解し、社会人としての行動がとれるようにする

学生と社会人とは何が違うのか、その違いを理解した上で、どのように行動することが社会人としてふさわしいのか、その具体的な行動まで確認します。「学生と社会人の違いは〇〇だよね」ではなく、「学生と社会人の違いは〇〇なので、それを実現するために自分は△△の行動をする」というところまで引き出します。

2

入社した会社におけるこれからの自分を考え、「働くこと」へのマインドセットを確立する

この会社を選んだ理由と、この会社で実現したいこと、それを実現するための自分の強みと不足していることをグループワークを通して他者からの意見も参考にしながら明確にし、これからの自分を積極的に考えます。

また、自分が実現したいことを実現するためにはまず何が必要か、その土台となるものへの気づきを促します。

参考:氷山モデル(クリックして拡大)

3

具体的なアクションプランを作成し、今後につなげる

明確にした自分の強みをどのように生かし、不足していることをどのように補うのか、アクションプランを作成することで、計画的に行動し目標を達成できるようにします。

研修概要

対象者

内定者・新入社員

研修時間

4~7時間

人数

~20人

カリキュラム

オリエンテーション

各グループ内で自己紹介、その後に本日の研修の目的を共有し、研修に臨む心構えを築く。

  • 各グループ内で自己紹介

  • 本日の研修の目的

学生と社会人の違いを理解し行動につなげる

学生と社会人との違いについて5つの項目をもとに何が違うのか、一つひとつ確認する。その上で、自分はこれからどのように行動をしていくべきか、個人で考えグループ内で共有する。

  • 学生と社会人の違いを確認する(金銭面/責任/評価/時間の使い方/人間関係)

  • 社会人としてどのように行動すべきか、5つの項目ごとに考える

自分の強みと改善点を振り返る ~入社した会社で実現したいことを実現するために~

これまでの自分を振り返り、自分の「強み」と「弱み(不足していること)」の棚卸を事前に行なう。研修では「この会社で実現したいこと」を改めて考え、実現したいことを実現するための「自分の強みは何か」、反対に「自分に不足していることは何か」をおのおの明確にする。

  • 個人ワーク、グループワーク

本研修のまとめと行動計画表を作成

本日の研修のまとめと、以下の行動計画表を作成する。

  • 本日の研修における気づき

  • 行動計画表を作成

時間・内容はご要望に応じてアレンジが可能です。

お申し込み・お問い合わせ・資料請求

おすすめの研修

Recommend