部下育成・指導(コーチング)研修

部下育成・指導の課題を明確にし、コーチング手法の学習を通して具体的に問題解決します

プレイングマネージャーが多くなっている現在、自身の仕事を抱えながら部下を育てることは容易なことではありません。部下を育て活き活きとした職場をつくるのは管理職の重要な仕事のひとつです。管理職が日頃、直面している部下育成・指導の課題を明確にし、どうしたら部下の主体性を引きだし力を最大限発揮させられるのか、育成できるのか、コーチング手法の学習を通して具体的に問題解決します。

Point
1

部下育成における悩みをその場で解決する

コーチング紹介のための研修ではなく、受講者の問題解決のための知識やスキルを学び、練習する実践的な内容です。研修では自身の実際の部下を想定して指導・育成法を考えていきます。

Point
2

モチベーション科学やポジティブ心理学の知見をベースにした内容

講師の体験談からのアドバイスだけではなく、各種理論をベースにした研修内容になっています。理論と実践の両面から学んでいくため、腹落ちしやすい内容です。

Point
3

管理職経験の長さに関わらず、部下を持つ方すべてに役立つ内容

初めて部下を持った新任管理職、ベテラン管理職の方、それぞれ悩みは違えど、部下への関わり方の本質は同じです。部下を持っている方であれば、どのような層が受講しても役立つ実践的な内容です。

カリキュラム

Curriculum

  • カリキュラム例1

    オリエンテーション
    • 研修のねらい、進め方

    • 問題意識の共有と研修で得たいことの確認

    コーチングとは
    • コーチングの概要

    コーチングに必要な3つの要素
    • ページング 聞き上手の人の聴き方

    • 承認
      やる気の高い職場の観察と課題の明確化

    • 質問 効果的な質問方法
      よい質問は部下の自主性ややる気を高める

    総合演習
    研修の振返りとアクションプランの宣言
    総研修時間

    1日間

    受講人数

    12名~20名

  • カリキュラム例2

    前回の研修の振返り
    • アクションプランの実践 振返り 共有

    • うまくいったこと、いかなかったこと

    部下指導・育成の対策
    • 部下の言動について対策を考える

    部下への伝え方
    • 効果的なフィードバック、提案、要望の伝え方

    モチベーションコントロール
    コミュニケーションの振り返り
    コーチング話法の練習
    • 質問、聞き方、伝え方等、コーチングスキルを使った基本話法

    質疑応答
    研修の振返りと行動宣言
    総研修時間

    1日間

    受講人数

    12名~20名

お申し込み・お問い合わせ・資料請求

研修効果をさらに高めるには

Jプレゼンスアカデミーは、研修効果をさらに高めることができるeラーニングシステムをご用意しています。eラーニングシステムでは一般的なオンライン学習の他、各種テストやQ&A/SNS機能などの機能を備えており、継続的な学習を支援します。また、進捗/成績管理やアンケート/レポート機能などの運用をサポートする機能も充実しています。

対面研修×eラーニングシステム

おすすめの研修

Recommend