派遣も色々、何が違うの?

派遣で働く形態には、「登録型派遣」と「常用型派遣」があります

ここでは希望の働き方に応じて選択可能な「登録型派遣(一般派遣・紹介予定派遣)」と「常用型派遣」についてご説明します。

登録型派遣(一般派遣)とは

キャリアビジョンやライフスタイルに合わせて業務内容や勤務地・時間、就業期間といったお仕事探しの条件を比較的柔軟に選ぶことが可能な働き方です

一般派遣は、正社員のように就業先の企業と直接雇用契約が結ばれるのではなく、派遣スタッフと派遣会社の間で雇用契約が結ばれる雇用形態です。
派遣スタッフと派遣会社との雇用関係は、就業先(派遣先企業)が決まった時点で初めて発生し、派遣契約の結ばれている期間のみ雇用契約が成立します。
派遣会社は仕事内容・就業条件の案内、給与の支払い、福利厚生、スキルアップ研修などの面で派遣スタッフをサポートします。
派遣先企業は、派遣スタッフに業務の指示を行います。

登録型派遣(一般派遣)とは

登録型派遣(紹介予定派遣)とは

一定期間派遣就業した後にご本人と派遣先企業が合意のもとで、派遣先企業の社員(直接雇用)となる働き方です

最長で6か月間の派遣期間中に派遣スタッフと派遣先企業の双方が合意に至ると正社員(または契約社員・パート社員)として直接雇用が決まる派遣契約です。
就職期間中に職場環境や業務内容を見極めることができ、直接雇用後のミスマッチが少なく、「自分に合った会社で働きたい」派遣スタッフと、「会社で活躍できる人材を採用したい」派遣先企業との双方にメリットがあります。

登録型派遣(紹介予定派遣)とは

常用型派遣とは

派遣会社の社員として、配属先に派遣就業することを前提とした働き方です

「常用型派遣」とは派遣会社の社員となるため、「登録型派遣」と異なり、派遣先企業での就業期間が終了しても、派遣会社との雇用関係は継続され給与も支払われます。

常用雇用のため専門領域で長期的にキャリア形成ができる働き方です。キャプランでは、貿易や物流分野、旅行や航空関連分野といった専門領域での常用雇用型派遣サービスを展開しています。

常用型派遣とは