経理のお仕事

資格不要・実務未経験からはじめられる!
スキルアップに最適の職種

経理のお仕事は、企業の大小に関わらず必ず存在するお仕事です。また、営業部などでも商品の売買が発生しますから、最近では経理部に限らず簿記知識を求める営業事務・貿易事務などのお仕事が増えています。簿記の知識は新しいお仕事を探す時や、実際にお仕事に就く上で有利なスキルとなります。
「数字の処理は苦手…」という方も、「専門性をつけて時給アップしたい!」という方も必見です。

経理のお仕事とは?

伝票の処理から決算・英文経理まで…、経理事務のお仕事にはどのような種類があるのでしょうか?求められるスキル順に見ていきましょう。

  • アシスタントレベル

仕訳

お金や物の出入りをその都度項目ごとに分けること。企業の行う取り引きを“勘定科目” “貸方借方” “金額”で表します。最近では会計ソフトを使っての処理がメイン。

書帳簿作成

仕訳した項目ごとにまとめること。

試算表作成

諸帳簿作成の項目ごとの残高を集計すること。

決算

在庫品の棚卸、減価償却費の計算、引当金の設定など帳簿上と実際との修正や現実にはお金や物の出入りのない科目の処理をすること。

決算書作成

試算表に決算処理を加えて貸借対照表(財政状態を表す表、B/Sともいう)、損益計算書など(経営成績を表す表、P/L)を作成すること。

  • スペシャリストレベル

その他の業務

その他にも経理的要素が含んでいるお仕事はあります。

出納

資金調達を行い、お金の出し入れを管理すること。通常は現金出納帳によりお金だけの出入りを管理します。

掛買掛管理

営業上の売上仕入で、販売したが未入金もしくは仕入れたが未払いの状態になっているものの管理をすること。請求と支払の管理のことをいいます。営業経理といわれる分野がまさにこれ。営業事務に含まれる会社もあります。

資金関連

資金運用表(一定期間での資金の調達と運用を表すもの)や資金繰表(現預金の収支と残高を示す計算書)を作成すること。

原価計算

材料を仕入れてから製品になるまでにかかる費用を計算すること。材料費や人件費、光熱費など工場でかかる費用の計算をします。

英文経理

米国式の会計方式に従って処理をする方法と、勘定科目の単語は英語でも日本の会計基準に従って処理をする方法の2種類があります。

経理とは、会社が存続・成長していくために一定期間の経営成績と一定期日の財政状態を明らかにすることをいいます。難しい言葉が続いて「たいそう難しいことをするのでは?」と思われがちですが、「会社を継続していくために、毎日のお金の動きを一定のルール(簿記)に従って記録・整理すること」と思えばよりイメージが沸きやすくなるのではないでしょうか。

オススメ!経理のお仕事

経理の仕組みが分かったところで、キャプランにはどのようなお仕事情報があるのか見ていきましょう。未経験でも可能なお仕事からキャリアの幅を広げるお仕事まで、あなたのご希望に合うお仕事をご紹介いたします。

まずは登録して詳しい話を聞く