専門性の高い職種だからこそ
女性としてのキャリアが描ける。

シャー 麻実 国際物流会社配属/2012年中途入社

キャプランに入社する前は、英会話スクールの営業をしていました。もともと英語が好きで、英語に携われる仕事ということで就職し、営業としてやりがいを持って働いていましたが、ある時、未来の自分を想像した時に先のキャリアが見えてこない事に気づきました。

さらに読む

今後は事務職にキャリアチェンジしたいという思いがありましたが、誰でもできる事務職では自分が年齢を重ねた時に、新入社員へ業務がシフトしてしまうのではないかという不安を持っていました。そんな時見つけたのが、事務職の中でも専門性の高い貿易事務という職業でした。自分の長期的なキャリアも描けること、これまで勉強してきた英語も活かせることで、貿易事務にチャレンジしてみようと思いました。

海外の代理店とのやりとりに充実感

入社後の配属先は、商社の子会社である自動車関連機器メーカーでした。工場を海外に移設するプロジェクトに携わり、輸出通関書類作成や各ベンダーとの調整業務などを担当。その後に現在の配属先である国際物流会社に勤務し、最初は輸出入の通関書類作成等の業務に携わっていました。現在は、通関業者や顧客、代理店とのやり取りが多く発生するフォワーディング業務を担当し、輸出入の手配に携わっています。海外の代理店と英語でのやり取りも多く発生する部署なので、貿易用語を使用して仕事をしている時など、専門的な知識を身に着けて働いている充実感があります。

出産から同じ配属先への職場復帰

現在の配属先に勤務している時に子供を授かり、産休・育休を取得させていただきました。周りの皆さんには本当に良くしていただき、産休に入る前には配属先企業の方より「復帰する時にはうちの会社に戻ってきてね」と嬉しいお言葉もいただきました。子供が1歳になり、復帰時期のタイミングで本当にお声がけをいただき、主人の協力もあって同じ配属先企業に復帰することができました。子供を育てながら働く事は大変な事も多いですが、配属先のご理解もあり業務量も調整して頂きとても働きやすい環境です。

<就「職」という働き方について>

貿易事務といっても商社、メーカー、船社、通関業者等、業態によって仕事内容は違うので、自分のスキルを活かし、様々な会社でキャリア形成出来るというのは大きなメリットだと感じています。前職は商社の子会社ですが、商社で働けたという事は強みになりましたし、今はロジスティクスとして、国際物流の仕事を経験出来ているのでキャプランで働けて本当に良かったと思います。これからも長く働きたいと思っています。

 

自分の武器となる
専門性を身に付けていきたい。

三島 綾佳 プラスチック総合加工メーカー/2015年新卒入社

もともと日本と海外の玄関口となる「港」というものに強い関心を持っていて、英語を使って海外と関われる仕事がしたい!という思いで、貿易事務職として新卒でキャプランに入社しました。同期は、地方も含めて40名、東京だけでも20名程入社しました。

さらに読む

私はプラスチックメーカーの輸出業務の営業アシスタントとして配属され、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドのお客様を担当しています。日々、在庫管理や輸出書類・請求書・買取書類の作成に加え、海外のお客様と電話やメールで貨物に関する確認等を行っています。 最初は業務についていくことに精一杯でしたが、徐々に仕事の全体像が分かってくると、自分なりに配属先の営業の方々をサポートしていけるようになり、「120%求められている仕事に応えてくれるね!」と営業の方から仕事を認めて頂いた時には本当に嬉しかったです。先日は一緒に国内出張にも行かせてもらい、とてもやりがいのある仕事です。貿易の仕事は、究めても究めても複雑で細かい知識が求められる奥深い仕事です。今後も、英語のスキルアップや貿易実務検定B級取得に向けて勉強し、将来自分の武器となる専門性をさらに身に付けていきたいと思っています。

 

貿易に深く携われる
可能性が広がる働き方。

根來 直人 国際物流企業配属/2014年中途入社

大学卒業後は貿易事務とは別な仕事に就職していましたが、貿易業界で働いている友人の話を聞くうちに、大学時代に少し勉強していた貿易に関して改めて学び直し、貿易というフィールドでチャレンジしたいと思うようになりました。

さらに読む

学校にも通い貿易実務に挑戦するため仕事を探していたところ、未経験から貿易事務職を目指せるキャプランを見つけました。決め手となったのは、自分が目指したい貿易業界の様々な業態で働ける可能性があることでした。現在は、国際物流会社で海上輸出に関わる貿易書類や船荷証券等のチェック業務、通関業者との連絡業務、カウンター発行業務などの仕事を担当しています。今後は新しい業務にもどんどん挑戦し、色々と学びながら 貿易により深く携わっていきたいと思います。

 

自分が運んだ製品が
世の中に出ていく喜び。

清水 正登 ゲーム機器メーカー配属/2006年中途入社

入社後は、国際物流会社での出荷手配や通関に必要な輸出書類作成業務等をリーダーとして担当、その後、物流企業の受託プロジェクトに携わり、業務精査から受託チーム構築までの基盤を作る業務も経験させていただきました。

さらに読む

現在の配属先では、これまでの貨物を輸送していく立場から一転して、今度は貨物を出すメーカー側からの立場で輸送マネジメントを担当しています。具体的には、自社製品を作っている中国企業から納品先のアメリカまで輸送する際に、大事な製品にダメージなく安全に船積みし、最短ルートで遅延なく期日までに届けられるよう、現地の通関業者と常に連絡を取りながら調整を行っていく仕事です。自社製品が届くまでの輸送に関わる全てをコントロールする仕事は、これまで以上に緊張感があります。しかし、自分の運んだものが世の中に出回っている事が見えた時には感慨深く、貿易取引の一旦を担っている事に対して非常にやりがいを感じます。学生時代から得意だった英語も使用しながら、様々な立場の貿易事務の経験を積めることは、自分にとってとても良い経験をさせていただいていると感じています。

転籍された方

 

やれる事は何でも挑戦。
転籍後も変わらず成⻑していきたい。

内海 彩音さん 

2014年

新卒入社

2017年

東レインターナショナル株式会社へ転籍

就職活動の軸は英語を活かして海外と関わりたい。そんな仕事を探していたところキャプランと出会い、様々な企業で貿易の仕事をする事が面白そうだなと思い、入社を決めました。

さらに読む

営業アシスタントとして配属され、担当国からの引き合いに対して国内メーカーへの発注、納期調整、船積書類作成やサンプル品の輸出業務などに携わっています。最初は海外との文化の違いに戸惑う事もありましたが、仕事に慣れるまでは入社後研修のテキストを見ながら、やれる事は何でもやろうと挑戦した結果、業務の幅を広げて色々なチャレンジをさせてもらえるようになりました。今では、海外出張も主担当として1人で行かせてもらえるようになり、少しずつ自分の成⻑を実感しています。2017年2月にキャプランから転籍し、配属先企業の正社員として働く事になりました。これからも精一杯頑張り、成⻑し続けていきたいです。

インタビュー内容はすべて取材当時のものです。