TPP11が2018年末に、日EU EPAが2019年2月に発効されました。それに伴い、これまで商工会議所が発効する特定原産地証明とは仕組みの違う、輸出者・輸入者・生産者による自己申告(証明)制度が採用されます。この講座では、FTAの企業活用の第一人者である講師より、これからの対応について講義いただきます。実務で携わっている方や携わってみたい方のスキルアップにオススメの講座です。

講座概要

受講料

無料

対象
  • キャプランにご登録いただいている方

  • 貿易実務経験をお持ちの方

場所

キャプラン株式会社 本社(12階研修室)

その他

お申し込み多数の際は抽選とさせていただく場合もございます。