OJTトレーナー研修

OJTトレーナーが陥りやすい問題を解決し、ノウハウを学びます

新入社員を採用し、研修後、配属した後のケアがなかなかできず、早期退職につながってしまうことは勿体ないことです。新入社員は入社後3年間の成長角度で、その後の能力が決まってしまうとも言われています。一方で、初めて後輩育成に関わる若手のOJTトレーナーの悩みは少なくありません。OJTトレーナーが陥りやすい問題を解決し、後輩を育成する中で、新入社員と若手のOJTトレーナーが共に成長できるノウハウを学びます。

Point
1

OJTトレーナーが陥りやすい問題を多面的に解決する

「新人育成担当になったが、どう教えていいかわからない」「自分の業務が忙しくて新人指導をしている余裕がない」など、人によって問題は様々です。モチベーションやマインド、そしてスキルなど多面的に問題解決法を学ぶことにより、職場実践につながります。

Point
2

モチベーション科学やポジティブ心理学の知見をベースにした内容

講師の体験談からのアドバイスだけではなく、各種理論をベースにした研修内容になっています。理論と実践の両面から学んでいくため、腹落ちしやすい内容です。

Point
3

最近の新入社員の傾向をおさえた指導法

Jプレゼンスアカデミーでは毎年多くの新入社員研修を実施しています。実際に新入社員と関わる中で得た情報を活用しお伝えします。

カリキュラム

Curriculum

オリエンテーション
  • OJTトレーナーの役割とは

  • 指導担当者としての心構えと基本的な役割

  • OJTトレーナーとして自身の悩みの共有

OJTトレーナーの三大必須スキル「心」
  • 「心」“社会人意識”を創るセラピー術

    • 社会人としての役割やルールを納得させる会話

OJTトレーナーの三大必須スキル「技」
  • 「技」“業務知識”を高めるティーチング術

    • 相手の理解タイプに合わせた教え方のポイント
       (視覚タイプ/聴覚タイプ/感覚タイプ)

OJTトレーナーの三大必須スキル「体」
  • 「体」“行動力”を高めるコーチング術

    • 主体性・自律性を高める方法
       腹落ちする注意法と叱り方

具体的な育成プランの作成
  • 自分の業務とOJTトレーナーを両立する
     効果的な時間管理術

  • 育成プランの作成

  • 育成プランの共有と相互アドバイス

総研修時間

1日間

受講人数

8~20人

お申し込み・お問い合わせ・資料請求

研修効果をさらに高めるには

Jプレゼンスアカデミーは、研修効果をさらに高めることができるeラーニングシステムをご用意しています。eラーニングシステムでは一般的なオンライン学習の他、各種テストやQ&A/SNS機能などの機能を備えており、継続的な学習を支援します。また、進捗/成績管理やアンケート/レポート機能などの運用をサポートする機能も充実しています。

対面研修×eラーニングシステム

おすすめの研修

Recommend