転職市場で採用ニーズが高まっている今、キャプランでは特に経理求人が急増しています。今回はその中でもコンサルタントおすすめの注目求人をピックアップ。業績好調な企業や老舗企業などを多くご紹介します。

PICK UP 求人情報

Pick up

業界別 求人検索

財務・経理職の転職動向

企業が世界的な競争に巻き込まれる中で、欧米に発する数値主義の必要性が年々高まり、より精密な管理会計体系の構築が求められています。単なる要員増のみならず、情報開示や内部監査体制の強化の必要性から “企業内公認会計士” などの専門職需要も急激に高まっています。
通常の制度会計分野においては “年次決算の経験の有無” が転職におけるボーダーラインになります。CFOやコントローラークラス、外資系のキャリアなどを考えるのであれば、有報作成などのIR経験、USGAAPの理解、場合によってはUSCPAの取得も必要になるでしょう。
もちろん税理士・会計士クラスの資格を保有していれば言うことはありません。

キャリアアップと資格取得

資格を持っていることにより有利に評価される職種が経理財務といえます。また採用時にはひとつのセールスポイントにもなります。ただし、この資格を持っていれば必ず就職できるという資格はありません。あくまで自分の能力を証明する上で補完的な意味を持つに過ぎないのです。少なくともその資格が認定する能力を持っていることは証明されます。特に業務経験の無い方にとっては資格は無いよりあった方が有利なことは確かです。
中途採用の場合は業務のスペシャリストであることが求められるため、各業務分野のより高度な資格を持っている必要があります。企業側では資格だけでなく語学力も一緒に必要なスキルとする場合があります。資格を持っている方も、実務では他に何が必要かを考えてみましょう。
これから次のステップのために資格を取得するかたは、取得するためにかなりの時間を使うことになるでしょう。
まず、企業はどんな経験者、資格取得者を必要としているのか、そして自分はどんな資格が必要になり、それに伴いどのような経験ができるのかをしっかり考えることが必要になります。

資格・検定 企業での活用度 給料UPの可能性
国際会計検定BATIC 「国際コミュニケーションのための簿記会計テスト」 で国際ビジネスの掛け橋になれるリキャスティング能力を持った人材を育成することを目的とした資格。 ★★★ ★★★★
米国公認会計士 CPA 英語が前提となる大型難関資格。米国式の会計実務に精通したエキスパートとして会計業務はもちろん、監査・税務・経営コンサルティング業務など幅広いフィールドでも活躍できる。 ★★★★ ★★★
日商簿記1級 簿記検定の最高峰。キャッシュフローや連結会計など大企業のお金の流れを理解することができる。取得することによって、税理士試験の受験資格を得ることができる。 ★★★★ ★★★
日商簿記2級 財務諸表を読む力がつき、経営状況を把握できる。相手の経営状況もわかるので、株式会社の経営管理に役立つ。 ★★ ★★
公認会計士 会計の専門家として、会計に関する調査や助言などの会計業務、経営戦略の立案などの経営コンサルティング業務。 ★★★★ ★★★★★