医療現場ですぐ役立つ!はじめてのメディカル英語研修

外国籍の患者さまの受け入れに困っていませんか

国際化が進む今、日本の病院でも外国籍の患者さまの来院が増えています。一方で、現場では日本語を話せない患者さまの対応に不安を抱えているスタッフの方々が多くいらっしゃいます。英語でのアプローチ方法や的確に必要な情報を聞き出す英語力、たとえ質問ができても返事を理解できないかもしれないなど、語学力が大きな不安要因となっています。

本セミナーでは、現場ですぐに使える一次対応の基本表現を学びます。不安を抱えていらっしゃった外国籍の患者さまが安心して受診できる対応を身に付けます。

特長

1

外国籍の患者さまの不安な気持ちに寄り添った対応を学ぶ

外国で病院に行くことになった患者さまはとても不安な気持ちです。安心して診察を受けていただくためには、「分かりやすい説明」と「親身な対応」が不可欠です。研修では、言葉だけでなく、場面にふさわしい表情、声のトーン、話すスピード、ボディランゲージなどの「非言語コミュニケーション」についても学び、患者さまの不安な気持ちに寄り添った態度、気配りを体現する方法を身に付けます。

2

簡潔で分かりやすい質問や声かけの表現を学ぶ

例えば、服用薬・病歴・アレルギーなどを確認する場合、間違いや勘違いは許されません。ところが、文法上の時制(過去形・現在進行形など)の違いで質問の意味が変わってしまうことがあります。研修では、質問や声かけなど、間違いが許されない場面の簡潔、かつ、意味の取り違えのない表現を学習します。

【例】「現在服用している薬はありますか」⇔「今日、何か薬を服用しましたか」など

3

現場の場面ごとにフレーズを学ぶのでイメージしやすい、すぐに活用できる

受付時、問診時などの場面ごとに頻出フレーズを学びます。実際の現場を想定したロールプレイで実践的な練習を行います。

研修概要

Detail

時間

13:30~16:30

定員

15名

受講料

15,000円(教材費込み・税抜)

会場

キャプラン株式会社 本社(大手町)
東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループ JOB HUB SQUARE 12階

対象者

病医院・介護施設の従事者限定
受付/医事課/歯科衛生士/看護職/介護職/薬剤師/医師など

お申し込み
受講時のご注意
  • 企業・法人単位で1名様よりお申し込みを受け付けております。

  • 個人受講および同業他社の方はご遠慮いただいております。

  • 1クラス2名様以上で開講いたします。開講しない場合は6営業日前までに他の開講日をご案内いたします。

  • キャンセルの際は、必ず事務局までメールにてお知らせください。

  • キャンセル・ご返金については「特定商取引法に基づく表示」ページをご確認ください。

カリキュラム

Curriculum

英語研修のコンセプト
基本フレーズ
(30分)

英語研修のコンセプト

  • English Ability(英語の運用力)とHospitality Mind(おもてなしの心)
    +非言語コミュニケーション(アイコンタクト・表情など)
    +異文化間コミュニケーション(習慣・文化の違い)

基本フレーズ

  • 挨拶をする / 用件を伺う / お待ちいただく / 聞き返す / 別のスタッフに代わる / お詫びをする / お見送りする / 緊張を解きほぐす言葉など

場面別基本表現
(100分)

問診

  • 症状を把握する質問:「どうしましたか」「症状はいつからですか」「どのような痛みですか」など

  • 服用薬や病歴の確認:「現在服用している薬はありますか」「今までに大きな病気をされたことがありますか」など

  • Dialogue

診察

  • 診察前の声かけ:「医師が聴診器を当てます」「傷を消毒します」など

  • 診察時の声かけ:「仰向けに寝てください」「少しチクっとします」など

  • 診察後の声かけ:「お風呂を控えてください」「睡眠を十分にとってください」など

  • 診察後の声かけ…「1週間後に来てください」「この書類を会計にお出しください」など

  • Dialogue

ロールプレイ
質疑応答
(50分)
  • 実践的な総合ロールプレイ、講師の総評