外国籍スタッフ(飲食業)のためのサービス日本語®研修

サービス日本語とは、おもてなしの心を伝えるための日本語です

サービス業に携わるスタッフの方にとって大切なことは、お客さまに満足していただけるよう、おもてなしの心をもってサービスすることです。

この研修では、初級レベルの人でも飲食サービスの仕事ですぐに役立つ表現や言葉の使い方だけでなく、おもてなしの心を伝える話し方をロールプレイを通じて、無理なく効率的に身に付けることができます。

特長

1

日本の文化や習慣を理解した上で、おもてなしの心を伝える日本語を学ぶ

  • おもてなしの心を伝える日本語の背景にある日本の文化や習慣を学びます。

  • 感じの良い話し方や表情、アイコンタクトも大切なポイントとして学びます。

2

実践的かつ即効性のある指導

  • 実際のサービス場面を想定したロールプレイで、実践的な練習を行います。

  • 初級レベルの方でも混乱なく効率的に学習できるように開発した「サービス日本語文法」で敬語が使えるようになります。

3

実用度の高い教材

  • 飲食サービスに必要な基本の場面で構成されています。

研修概要

Detail

時間

10:00~17:00(昼食休憩1時間を含む)

定員

10名

受講料

15,000円(教材費込み・税抜)

会場

キャプラン株式会社 本社(大手町)
東京都千代田区大手町2-6-2 パソナグループ JOB HUB SQUARE 12階

対象者

飲食サービスに携わる外国籍スタッフ(初級~中級レベル:JLPT N4・N3レベル)

お申し込み
受講時のご注意
  • 企業・法人単位で1名様よりお申し込みを受け付けております。

  • 個人受講および同業他社の方はご遠慮いただいております。

  • 1クラス2名様以上で開講いたします。開講しない場合は6営業日前までに他の開講日をご案内いたします。

  • キャンセルの際は、必ず事務局までメールにてお知らせください。

  • キャンセル・ご返金については「特定商取引法に基づく表示」ページをご確認ください。

カリキュラム

Curriculum

1.おもてなしの心を表す表現の発音と使い方
  • 例えば日本では理由を言う前にまず謝罪するなど、日本ならではの文化や習慣を学ぶ

  • おもてなしの心を表す表現の正しい使い方とともに、正しい発音、感じの良い話し方ができるようにする

2.サービスで必要な敬語表現
  • 尊敬語、謙譲語の意味、形とともに、使い方を理解する

3.飲食サービスに必要な言葉
  • 飲み物・料理の名称を学ぶ

  • 聞いて理解できるよう聞き取り練習をする

4.基本のサービスに必要な表現(1)
  • 入店の挨拶、座席案内、注文などに必要な基本表現を学ぶ

  • ロールプレイで実際に動きを伴って使うことができるようにする

5.基本のサービスに必要な表現(2)
  • 料理の提供、会計、退店の挨拶などに必要な基本表現を学ぶ

  • ロールプレイで実際に動きを伴って使うことができるようにする

6.お客様の苦情への対応
  • 注文間違い、料理が遅いなどのお客様の苦情対応に必要な表現を学ぶ

  • ロールプレイで実際に動きを伴って使うことができるようにする