水曜コース 世界史再発見

≪世界史再発見≫誰もが知っている歴史上の出来事や人物をいろいろな面から浮かび上がらせ、歴史に新しい光を当てます

講座テーマ

  • 4月~5月<全7回>「キン(黄金)を軸にして見た日本史」

  • 6月~7月<全7回>「文学から読み解くラテンアメリカの歴史」

  • 9月~10月<全7回>「ノーベル賞、その栄光と歴史」

  • 11月~12月<全7回>「南蛮貿易の世界 商人と宣教師」

  • 1月~3月<全7回>「ヨーロッパの歴史と戦争」

お申し込み受付は終了しました。

「キン(黄金)を軸にして見た日本史」

作家 加藤廣

4・5月 [全7回]

作家 加藤廣

「歴史」は、漢字の語源としては、1つ屋根の下にイネ(稲)系の作物がきちんと2つ並んで整頓され、静止する状態を表す。が、西欧の言葉「ヒストリー」、特にフランス語の「イストワール」には、物語や、お話といった動的な意味も入っている。
ここでは、後者、西欧的な物語要素を採り入れて、歴史を動的に考えるという立場に立ち、この講座を進めたい。その場合の話しの「軸」としてキン(黄金)を持ち出すのは、大昔からキンが世界中の国や民族に共通の最大関心事であったこと。それは、わざわざ説明しなくても、講座の進むうちに、聴講者の皆さんも――この講座への興味の増幅、面白さの加速とともに――納得してくださるだろう。
これまでの無味乾燥な日本史は、この講座によって、きっと「そうだったのか、なるほど」と、目からウロコが落ちるように一変するに違いない。

「文学から読み解くラテンアメリカの歴史」

ラテンアメリカ 文学研究者 田村さと子

6・7月 [全7回]

ラテンアメリカ 文学研究者 田村さと子

メキシコ―アメリカ国境を流れるリオ・グランデからアルゼンチン南端ホーン岬まで、その広大な範囲に先住民、白人、アフリカ系民族が混血するラテンアメリカ。イベリア人によるアステカ、インカなどの古代文明征服からはじまり、大土地所有制などが移植された植民地時代、独立戦争を経て、キューバ・ボリビアなど二十の独立国を生んだこの地には、革命と反革命、混乱と静謐、相反するものが存在します。1960年代に社会や政治の問題性を鋭く描き、広く世界の関心を引き付けた〈ブーム〉世代の文学作品をもとに、歴史を探ってゆきます。

「ノーベル賞、その栄光と歴史」

早稲田大学教授 小山慶太

9・10月 [全7回]

早稲田大学教授 小山慶太

1901年に授賞が始まったノーベル賞は人間の偉大な業績を顕彰する制度として、今日、比類なき高い評価を得ている。また、それを反映し、授賞をめぐる話題は常に人々の関心を集め、現代史を象る重要な枠組を形成している。そこで、本講座では、科学部門のノーベル賞を道標にして、ユニークな視点から世界史を再発見する旅にしてみたいと思う。その際、ノーベル賞に輝いた研究をやさしく紹介しながら、科学者の悲喜こもごもの人間ドラマや研究の舞台裏にも光を当て、歴史の面白さを浮き彫りにしていくつもりである。

「南蛮貿易の世界 商人と宣教師」

東京大学 史料編纂所准教授 岡美穂子

11・12月 [全7回]

東京大学 史料編纂所准教授 岡美穂子

16世紀後半、日本は東アジア・東南アジアを超えて、ユーラシア全体、そして中南米などの新大陸とも多様なルートで繋がっていました。1570年の長崎の開港は、まさに日本が東アジアを超えた世界へとつながる契機となりましたが、そこを舞台に繰り広げられた商人たちの活動の影響は、現在、私たちの食生活や衣服、芸術などの多くに見出すことができます。また、南蛮貿易には商人たちだけではなく、イベリア半島から渡来するイエズス会などの宣教師たちも深く関わりました。
この講座では、南蛮貿易やそこに関わる商人たちの実像、東西交流で生まれる文化、そしてそこに大きく関わるキリシタンの話など、世界の動きと緊密に連動した16世紀・17世紀初頭の国際性豊かな日本の歴史を学びたいと思います。

「ヨーロッパの歴史と戦争」

元日本大学教授 奥村大作

1~3月 [全7回]

元日本大学教授 奥村大作

本講座では、イギリスの歴史家マイケル・ハワード著『ヨーロッパ史における戦争』(中公文庫)を参考にしながら、ヨーロッパの歴史的推移において戦争がどのように関わってきたのかを概観します。ヨーロッパは、学ぶべきことが多々あるというだけではなく、その深い伝統が醸し出す独特な佇まいの故に興味が尽きないところです。そのようなヨーロッパをよりよく理解するためには、個人の場合と同様、その歴史を知ることが有効な企てになりますが、その際従来あまり注目されなかった戦争という視点を加えてみようというのがポイントです。

講座情報

対象

知的関心・探究心の旺盛な方
年齢は問いません

新規募集人員

約100名

履修期間

2017年4月から2018年3月までの1年間(途中入会も可)

時間

15:30~17:00

会場

青山一丁目教室

入会金

10,800円(消費税込み)

NHK文化センター、DCカード会員(JALカード会員含む)の方は50%割引(5,400円)になります

年間受講料

下記4つの受講プランよりお選びください。

プラン コース数 年間受講料
Aプラン 1コース受講 198,720円/年間35講座
Bプラン 2コース受講 252,720円/年間70講座
Cプラン 3コース受講 306,720円/年間105講座
Dプラン 4コース受講 360,720円/年間140講座
  • 複数コース受講いただきますと1コースあたりの年間受講料がお安くなり、大変お得です。

  • コース単位ではなくテーマごとの追加・変更も可能です。1テーマ2ヶ月7回講座10,800円(追加の場合)

  • ご夫婦でご受講いただく場合はお1人様分の年間受講料が20%割引になります。

講座のテーマ、講師、日程などは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

期間限定 体験プラン

これまで一度も受講経験のない方を対象に、4・5月期(7回)もしくは6・7月期(7回)を体験受講いただけます。

体験受講料

10,800円(入会金不要)

その他

体験講座をご受講後に正式申し込みいただいた場合の受講料は、以下のとおりです。(別途入会金10,800円が必要になります)

  • 6月開始:158,976円(28回講座)

  • 9月開始:119,232円(21回講座)

お申し込み・お問い合わせ

お申し込み・お問い合わせ

お申し込みフォームまたはお電話でお申し込みください。入会通知をお受け取りになりましたら、銀行振込またはクレジットカードにてお支払いください。

FAX:03-5772-4424

電話受付 平日9:30~18:00

おすすめの研修

Recommend