月曜コース 人間の歴史

≪人間の歴史≫「歴史好き」のあなたのための講座です
史実を体系的に眺め、その時代をより深く、より詳しく見つめます

講座テーマ

  • 4月~5月<全7回>「戦国武将たちの『選択』」

  • 6月~7月<全7回>「『ガリバー旅行記』で読み解く18世紀ヨーロッパ 」

  • 9月~10月<全7回>「日記が明かす藤原道長と摂関政治の実像」

  • 11月~12月<全7回>「プロイセン-興亡の近世史(1618~1806年)」

  • 1月~3月<全7回>「明治維新150年 ~立憲国家の誕生~」

お申し込み受付は終了しました。

「戦国武将たちの『選択』」

東京大学 史料編纂所教授 本郷和人

4・5月 [全7回]

東京大学 史料編纂所教授 本郷和人

私たちはたえず「選択」をしながら、毎日を生きています。でも現代における「選択」のほとんどは、それ自体で私たちの人生を大きく変える、というものではありません。しかし戦国時代は違います。現代と違って、この時代は人の生命すら軽かった。誤った「選択」は、致命的な失敗に直結したのです。そうした過酷な時代に、戦国武将たちはどういう「選択」をしていったのか。具体的な事例を踏まえて、考えていきましょう。

「『ガリバー旅行記』で読み解く18世紀ヨーロッパ 」

東京女子大学教授 原田範行

6・7月 [全7回]

東京女子大学教授 原田範行

ガリバー旅行記はこどもの読み物だと思っている方が多いのではないでしょうか。実は、当時の国王や政治家などが登場人物のモデルになっているのです。 優れた文学作品は、その時代と社会、人間の心をさまざまな形で映し出します。直接的なものもあれば、間接的なものもある。二重、三重に迂回する中で、作者の、そして人々の思いが無意識に表明されているということもあるでしょう。アイルランドのダブリンに生まれたジョナサン・スウィフトが1726年にロンドンで刊行した『ガリバー旅行記』は、そのような名作の一つです。この講座では、あの奇想天外な作品に込められた驚くべき風刺表現に注目しつつ、18世紀ヨーロッパの歴史と近代社会の特質を明らかにしたいと思います。

「日記が明かす藤原道長と摂関政治の実像」

国際日本文化 研究センター教授  倉本一宏

9・10月 [全7回]

国際日本文化 研究センター教授 倉本一宏

世界の歴史に重大な影響をもつ記録物を対象とする「世界の記憶」(旧訳「世界記憶遺産」)は、「マグナ・カルタ」、「グーテンベルク聖書」、「ベートーヴェンの交響曲第9番の自筆楽譜」、「アンネの日記」などが有名ですが、日本から登録されたものの1つに世界最古の自筆本日記である藤原道長の記した『御堂関白記(みどうかんぱくき)』(国宝)があります。平安貴族が記した日記は「古記録」と呼ばれ、文学作品とは異なるものです。藤原道長と同時代、道長近辺の2人の貴族の古記録が存在し、道長周辺の同じ出来事を三者三様の記述で読み解くことができます。藤原実資の『小右記(しょうゆうき)』と藤原行成の『権記(ごんき)』です。
三者の日記の現代語訳を刊行している講師の解説で、彼らの感情をはじめ、宮廷生活、家族、信仰、当時の京都の姿などから平安貴族の実像をいきいきと復元するとともに、摂関政治の様相も明らかにします。貴重な古記録の複製も紹介します。古文の知識は不要です。気軽にご参加下さい。

「プロイセン-興亡の近世史(1618~1806年)」

中央大学教授 鈴木直志

11・12月 [全7回]

中央大学教授 鈴木直志

17世紀から19世紀初頭までのプロイセンは、三十年戦争による国土の荒廃にはじまり、王国への昇格、集権的統治体制の確立、哲人王の啓蒙的改革政治、七年戦争の栄光とヨーロッパ列強への参入、ナポレオン戦争の敗北と大国からの転落といった、波乱に満ちた歴史をたどりました。本講座では、この200年にわたる激動の歴史を概観した上で、近世プロイセン史にまつわるいくつかのトピックをお話しします。

「明治維新150年 ~立憲国家の誕生~」

聖徳大学教授 大庭邦彦

1~3月 [全7回]

聖徳大学教授 大庭邦彦

2018年に明治維新150年を迎えるのを前に、日本国憲法の改正が議論されることが多くなりました。憲法改正に積極的な安倍内閣と改正に消極的であったり改正に反対する政党などとの間には、双方立憲主義を標榜しながらも、見過ごしがたい認識のギャップが見受けられます。本講座では、近代初頭の立憲主義、立憲体制に向けての営為に焦点を当て、いかなる経緯を経て立憲国家が創り出されたのかを振り返ることをテーマとします。そのことを通じて、近代立憲主義とはどのようなものであったかについて考えます。

講座情報

対象

知的関心・探究心の旺盛な方
年齢は問いません

新規募集人員

約100名

履修期間

2017年4月から2018年3月までの1年間(途中入会も可)

時間

15:30~17:00

会場

青山一丁目教室

入会金

10,800円(消費税込み)

NHK文化センター、DCカード会員(JALカード会員含む)の方は50%割引(5,400円)になります。

年間受講料

下記4つの受講プランよりお選びください。

プラン コース数 年間受講料
Aプラン 1コース受講 198,720円/年間35講座
Bプラン 2コース受講 252,720円/年間70講座
Cプラン 3コース受講 306,720円/年間105講座
Dプラン 4コース受講 360,720円/年間140講座
  • 複数コース受講いただきますと1コースあたりの年間受講料がお安くなり、大変お得です。

  • コース単位ではなくテーマごとの追加・変更も可能です。1テーマ2ヶ月7回講座10,800円(追加の場合)

  • ご夫婦でご受講いただく場合はお1人様分の年間受講料が20%割引になります。

講座のテーマ、講師、日程などは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

期間限定 体験プラン

これまで一度も受講経験のない方を対象に、4・5月期(7回)もしくは6・7月期(7回)を体験受講いただけます。

体験受講料

10,800円(入会金不要)

その他

体験講座をご受講後に正式申し込みいただいた場合の受講料は、以下のとおりです。(別途入会金10,800円が必要になります)

  • 6月開始:158,976円(28回講座)

  • 9月開始:119,232円(21回講座)

お申し込み・お問い合わせ

お申し込み・お問い合わせ

お申し込みフォームまたはお電話でお申し込みください。入会通知をお受け取りになりましたら、銀行振込またはクレジットカードにてお支払いください。

FAX:03-5772-4424

電話受付 平日9:30~18:00

おすすめの研修

Recommend