女性活躍推進 女性リーダー育成コース

スマートワークに切り替えるために必須となる仕事とタイムマネジメントスキルを身につけます

優秀な女性社員がライフイベントで離職することは会社にとって大きな損失につながります。また、子育てと仕事、介護と仕事など両立をしながら、時間に制約がある働き方をする人は今後増加する傾向にあります。従来のハードワーク(長時間労働型の働き方)から、スマートワーク(限られた時間で高いパフォーマンスを上げる働き方)に切り替えるために必須となる仕事とタイムマネジメントスキルを身につけます。

Point
1

働き方の変革意識を高め、自身の課題を明確にする

従来の働き方では限界を感じているものの、何をどうやって変えればよいのか、イマイチはっきりしないという方は多いのではないでしょうか。スマートワークのあり方と自身の現状を照らし合わせることにより、働き方に関する自身の課題を明確にします。

Point
2

職場ですぐ使えるスキルを習得する

仕事とタイムマネジメントについて、学んだ知識を研修中に実践してみることにより、「わかる」を「できる」にしていきます。職場に戻ってすぐに使えるスキルを身につけます。

Point
3

周囲から支援される働き方チェンジのポイントを学ぶ

研修で学んだことを活かして、自分ひとりが働き方を変えようとしても、職場での支援がなければ成り立ちません。上司やメンバーを巻きこんでスマートワークに切り替えていくためのポイントを理解します。

カリキュラム

Curriculum

オリエンテーション
  • 研修のねらい

  • ハードワークからスマートワークへ働き方の変化の背景

  • 仕事と育児、仕事と介護など 両立の時代

  • 時間生産性向上への意識改革

  • 周囲から私たちに期待されていること

仕事の管理
  • G-PDCAのマネジメントサイクル

  • 目的・ゴールをイメージして計画をたてる

  • ゴールと計画の重要性

仕事の管理 実践
  • 実践演習①
    実践→振返り→課題の明確化

  • 再実践演習②
    1回目の失敗経験をもとにG-PDCAを意識して成果を高める。
    再実践→振返り→課題の明確化

  • 職場で実践するには

時間の管理 タイムマネジメント
  • 自身のこれまでの時間管理の振返り

  • 効果的な時間管理の方法

  • 優先順位づけ
    時間管理のマトリクス 緊急性と重要性

  • 職場全体で取り組むタイムマネジメント方法の紹介 例:朝礼・夕礼の実施、ミーティングの仕方、1日の仕事の見える化など

アクションプラン
  • 職場でのアクションプラン作成

  • アクションプランの共有と相互アドバイス

総研修時間

1日間

受講人数

12名~20名

お申し込み・お問い合わせ・資料請求

研修効果をさらに高めるには

Jプレゼンスアカデミーは、研修効果をさらに高めることができるeラーニングシステムをご用意しています。eラーニングシステムでは一般的なオンライン学習の他、各種テストやQ&A/SNS機能などの機能を備えており、継続的な学習を支援します。また、進捗/成績管理やアンケート/レポート機能などの運用をサポートする機能も充実しています。

対面研修×eラーニングシステム

おすすめの研修

Recommend