日本通運株式会社

物流の世界を変える。
物流で世界を変える。

日本通運株式会社の歴史は長く、1872年に設立された陸運元会社が母体。1937年にいわゆる国策会社として「日本通運株式会社」が発足しました。

国内に支店1,000拠点以上、海外42ヶ国に678拠点(2017年3月末現在)、陸・海・空さまざまな輸送手段と世界最大規模の独自ネットワークで国内外の物流を支えています。

日本通運の魅力

運べないものはない

運べないものは、ない

「日通=引越し」というイメージが強いかもしれませんが、実は引越し事業は全体の数%程度。 主な事業は自動車や鉄道車両をはじめとする貨物輸送・物流業務です。これまでも「風車の羽」「ロケット・人工衛星」「美術品・仏像」を輸送するなど取り扱い品は多岐にわたります。美術品輸送を専門とするチームもあります。
"運べないものはない" と言われるほど、世界トップクラスの輸送実績を誇っています。

人にやさしい企業

人にやさしい企業

日本通運のビジョンの一つに「人にやさしい企業」があります。社員は一番の財産であり、会社を活性化させる大きな原動力と考え、社員を大切にし、働きがいを実現する制度づくりに努めています。その取り組み対象は、正社員にとどまりません。日本通運ではキャプランのスタッフも多く活躍しており、前向きに取り組む姿勢があれば未経験からでも安心してスタートすることができます。

経験と知識を高められる

業界最大手でスキルアップ

世界トップレベルの輸送実績があるからこそ、お仕事内容もさまざま。例えば貿易事務のお仕事では、集荷指示・通関手配・輸出入関連の書類作成など幅広くご活躍いただくことができます。グローバルに展開しているため、海外とメールや電話でやりとりを行うお仕事も。フォロー体制が整っているので貿易のお仕事が初めての方もご安心ください。経験を積みながらどんどんスキルアップできる環境です。

営業担当者より

業界最大手の日本通運は「日本通運に運べないものはない」と言われていることをご存知ですか?

日本通運の魅力でご紹介したように、同社では美術品輸送を専門とするチームがあり、その専門チームだけで約600名が活躍していらっしゃいます。例えば、1964年に国立西洋美術館と京都市美術館で特別公開された『ミロのヴィーナス』。この『ミロのヴィーナス』をパリ・ルーヴル美術館から日本に運搬したのは日本通運なのです。

また、社員が働きやすい環境づくりにも積極的に取り組まれています。例えば、パソコンの画面切り替えが多い事務作業のお仕事では、業務効率化を図るために一人二台のパソコンを使用することができます。そして、600以上の海外拠点と通関・配送などをスムーズに効率よく進められるようなシステム環境も整っています。

業界No.1の地位に甘んじることなく、積極的な顧客拡大を続けるアグレッシブな社風の日本通運。最新の物流システムが構築された環境で世界との繋がりを感じたい方には、ぜひチャレンジしていただきたい企業です。

<簡単1分>まずはお気軽にご登録ください

お仕事のご紹介にはキャプランへのご登録が必要となります。
非公開求人のご案内やスキルアップ講座などをご利用いただけますので、ぜひご登録ください。