「貿易事務」という仕事は、資源を持たない日本ではとても重要な役割を果たしています。

あらゆる産業でグローバル化が進んだ今日、求人ニーズもまた急激に高まっています。
一方で専門性が高く、経験が重視される職種のため、未経験の方々には非常にハードルの高いことも事実です。

キャプランではこれらの問題を解消すべく、独自の教育研修システムを確立し、貿易分野に特化した「教育して派遣」するというユニークなビジネスモデルで貿易のプロフェッショナルを数多く輩出してきました。

皆様をサポートさせていただく私たち社員の多くも実際に派遣社員として貿易事務に携わっていたため、貿易実務経験のある方へも未経験のへ方もスキルレベルやライフスタイル、キャリアプランに合わせてきめ細やかな視点で的確にアドバイスさせていただきます。

それでは、貿易事務をより深く理解していただくために担当業務ごとの配属先例や詳細な仕事内容を確認して行きましょう。

配属先は主に商社・メーカーとなります。
海外へのお客様へ契約通りの商品を期日までに納品する事や、海外からの商品を国内のお客様へ契約書通りの商品を期日までに納品する事になりますので、いかにスムーズに契約とおりに納品する事が重要です。

配属先は商社が主になります。海外取引上必要な書類が発生するので、その書類作成がメインになります。

配属先は主に船会社、海貨業者、物流会社になります。業務内容は荷主から依頼されていた荷物をいかに早く海外へ運ぶか、また国内のお客様に対してはいかに納期までに納品するかの予定を組み、手配します。

配属先は商社が主になります。日本の銀行に対して船積書類作成の部署が作成した書類について入金処理やミスなどの連絡、又、海外から来た書類が正しく作成されているかを確認して銀行へ支払いの手続きをするのが主な業務です。

無題ドキュメント